夜型よりも朝方が流行り

深夜のバイトよりも朝のバイトの方が好きだという人は多いです。

 

深夜ほどの給料は見込めないものの日中よりは時給が良いでしょうし、特に深夜枠で働くのを躊躇する女性の場合は朝に稼ぐのがお勧めです。

 

慣れれば早寝早起きの良い習慣になって、体調も整ってくるでしょう。

 

少なくても深夜バイトよりは健康的な生活を送れると思います。
さて朝バイトで思いつくのが新聞配達ですが、原付免許があると良いかもしれません。

 

 

新聞を配達するだけかと思いきや、配達所で新聞に公告を挟む作業というのもあります。
これも行うとなると、例えば雨の日だと新聞が濡れない様にビニールに入れる作業もあるので結構大変です。

 

 

とはいえ慣れると健康的な毎日が過ごせるでしょう。他で朝バイトといえばコンビニでしょうか。
コンビニや深夜枠が一番時給が高いですが、朝も少々高めの給料設定です。逆に言うと平日昼間の時給が安くて驚きます!

 

 

レジ業務など結構大変かと思うので、もう少し時給アップしてあげても・・・と思います。

 

肝心のバイト内容は、朝なのでレジ業務がメインです。朝バイトと言っても時間帯があり、早朝を指す5:00〜7:30ぐらいまではお客さんが少ないので比較的楽ですが、8:00〜9:00になると朝の通勤ラッシュと重なることもあり急にお客さんが増えます。

 

 

特に朝は急いでいるお客さんが多いため、手際よいレジ対応が求められます。←ここが重要ポイントで、レジ業務であまりにももたついていると、お客さんからクレームが来たり仕事仲間からお叱りを受けるかもしれません。

 

 

それでも“おはよう”と挨拶してくれるお客さんもいますし、遣り甲斐があるバイトだと思います。他にもファミレスや弁当屋さん、カフェ、パン屋の仕込みやスーパーの品出し業務などがあります。

 

 

朝バイトの種類も選ぶと結構ありますので、人気の朝バイトを是非探して健康的な心と身体をつくっていって下さい。

 

肌荒れ対策に早寝早起き・・ちなみにニキビって・・

ニキビには色々な種類あります。まず白ニキビですが、角質や皮脂で毛穴が塞がれてしまいそのまま溜まってしまう状態です。

 

皮膚がポッコリと盛り上がるのが特徴で、おでこや口周り、顎に良く出来ます。

 

ここで注意なのが、どうしても毛穴の中の物を指などで出したくなる衝動です。

 

上手くにゅるっと出る事もありますが、適切な処置が出来る訳ではないので悪化の原因になります。

 

ここは衝動をぐっと抑え、ピーリング効果のあるアイテムなどで角質ケアを行いましょう。

 

毛穴内部の角栓を綺麗にすれば、白ニキビが落ち着いていきます。この白ニキビにアクネ菌が繁殖して炎症を起こしたのが赤ニキビとなります。赤いので目立ちますし、見た目が痛々しいです。

 

 

実際に痛みを伴う事もあり、跡が残り易いので厄介です。炎症を起こしているので、抗炎成分や殺菌成分を配合したニキビ用アイテムでケアしましょう。

 

手で塗る時は手を清潔にし、長い爪は切っておいたほうが良いです。化膿している場合は皮膚科へ受診し、医師の診断に従って下さい。

 

白と黒にきびの違い、そして黄色にきび

毛穴が塞がれて出来るのが白ニキビですが、逆に毛穴が開いて角栓が詰まり、空気に触れて酸化する事で出来るのが黒ニキビです。

 

角質とメラニン沈着で皮表が黒く見え、目立つので気になります。酸化する角栓をオフし、色素沈着に効く美白ケアが有効です。間違っても黒い部分だけを指先で押しだそうとしないで下さい、炎症を起こして赤ニキビへと繋がってしまいます。

 

 

黄ニキビは、赤ニキビが更に悪化した状態でニキビの最終段階です。

 

毛穴に黄色い膿が溜まっているのが見える状態で、非常に跡に残りやすいので潰すのは大変危険です。ゴシゴシ洗顔せずに泡で包む様に洗い、自然に治るのを待ちましょう。赤ニキビと同じく抗炎成分や殺菌成分配合の物で対応するしかないですが、ここまで悪化しない様に赤ニキビの段階で正しいケアをして下さい。

 

乾燥による病とは・・

今は冬で空気が乾燥していますから、喉の痛みや違和感に悩まされる人は沢山いますよね。実際私自身もそうで、加湿器や外出時のマスク着用が欠かせません。マスク着用の理由は風邪やインフルエンザなどの感染予防もあるけれど、他にも喉を潤す役割として着用しています。

 

 

この様に喉の違和感と戦う季節はもう少し続きそうですが、なかなか治らなかったり変に違和感がある場合、性病の可能性も視野に入れて下さい。

 

 

性病の症状で思い当たるのが、男女共に性器の痒みや痛み、発疹などの違和感です。性病の症状は陰部周辺に現れるというイメージが強いですが、のどに痛みが出て辛い場合もあるのです。

 

 

そんな事あるの?と疑問を抱く人もいますが、性病はのどに感染する事もあります。主な感染経路はオーラルセックスであり、強い痛みの場合クラミジア感染症(咽頭クラミジア)と淋菌感染症(咽頭淋菌)、カンジダに感染している可能性があります。

 

 

例えば性器に病原菌を持っている人に対してフェラチオやクンニリングスをすると、のどに感染してしまいます。とはいえ、のどの違和感を覚えて病院へ行き、性病だと発覚するケースはどの程度なのでしょうか?

 

 

まずのどに症状が出たとしても、のどの痛みや発熱程度では病院に行かない場合が多いです。ドラッグストアで市販の風邪薬を購入し、様子を見るパターンが多いです。例え病院へ行っても内科止まりで、結局性病だとわからずに過ごしてしまいます。

 

 

カンジダは口の中全域で炎症や口内炎ができるので、これはおかしいと気づく人もいます。しかしクラミジアは喉の奥の痛みや発熱で風邪と勘違いする事が多いですし、淋病に関しては自覚症状が出ずらいので知らないまま過ごしてしまう事も珍しくありません。

 

 

 

ですからこの期間中に性行為をして、相手の性器に病原菌をうつしてしまう可能性があります。口から口へ病原菌をうつしてしまう事もあります。この様にして性病は広がっていくのですね。

 

 

 

コンドーム使用の理由は避妊の為だと断言する人も多いですが、性病のまん延を防ぐ為にも重要になります。

 

 

それでもオーラルセックスでは油断してしまうのが本音でしょう。しかしのどへの性病感染を防ぐ為には、オーラルセックスを含めて最初から最後まで正しくコンドームを使用する事が重要となります。面倒だと思わず、自分や相手の為にも正しい知識を持って性行為をしましょう。

更新履歴